EXPERIENCES

官足法は自分で自分の足をもみ、血液をきれいにし、きれいな血液を全身に循環させる血液循環療法です。
からだを元の健康な状態にリセットする過程で、一つの不調だけでなく、幾つもの不調が改善されてゆく例は枚挙に暇がありません。
病気別の体験談でもお一人お一人にいくつもの改善が見られます。

アトピー性皮膚炎・うつ・肩凝り・肝臓・心臓・腎臓・肺・目・耳・鼻・無呼吸症候群・高血圧・高コレステロール血症・糖尿病・痛風・捻挫・骨折

指輪が入り、靴もサイズダウン、夫は髪がフサフサに!

Y.S.(66歳)・M.S.(60歳)(岡山市)
平成27年に官足法指導員の湯口幸恵さんとお近づきになって以来、官足法について何も知らなかった私たち夫婦が足もみを続けて来られたのは、熱心な湯口さんのお人柄と毎月届けて下さる官足法ニュースのおかげと思っています。様々な体験談を「本当かな?」と思いながら読んでいましたが、ある時ウォークマットの写真が載っていて興味を持ち、取り寄せてもらいました。ところがとても痛くて乗れず、何とかごまかしながら続けていたところ、突然高熱が出て、でも一晩で下がり喉の奥から膿のような塊が出て来たので驚きました。これは足もみによって身体に変化が起きたのではと思い、官足法を基礎から知るために昨年の岡山講習会に参加しました。原理原則を学び痛さで泣きそうになりながら、主人と足もみを続け、一年経った今は入らなくなっていた指輪が難なく入り、靴のサイズが小さくなり体重も減りました。何よりかなり無くなっていた主人の頭髪がフサフサと、色も黒々して来たことにビックリしています。
官先生の著書に書いてあることは間違い無いと身を以て確信しています。これからも原理原則を忘れず、より隈なく万遍なくさらに力強く奥深く実践し、自分自身の健康を守っていきたいと思っています。

火傷・失明の危機を克服

                                                                           官足法指導員 明戸その美(群馬県)

今年の1月末に、熱湯とオイルが混ざったものをシェイカーで混ぜていたところ、容器が爆発して顔の右半分と右目に火傷をしてしまいました。
激しい顔と目の痛みで、救急車を呼びました。夜だったこともあり目を診られる病院まで救急車で1時間。長く感じました。
『目を開けられますか?』
『これ見えますか?』の問いかけに、目は腫れあがって開けられない、救急隊員の方が指で開けてくれても何も見えない。今までに体験したことのない不安に襲われました。

病院での処置と検査の結果、角膜が剥がれていると。顔も右半分の皮膚が剥がれて、目の周りは、まつ毛がどこにあるのかわからないくらい、腫れあがり視力は戻らないかもしれないと言われ、急に降りかかってきた事態に半分冷静な判断が出来なくなっていたのか、アホなのか『治るかどうかは自分で決める!私の身体、治すのは私!!』と諦めなかったんです。諦めたらそこまで、諦めなければ治すためのエネルギーが湧いてくるはず!!そう思ったのです。

次の日は自宅で官足法のワークショップだったのですが、中止の連絡を回すのにも携帯の画面がよく見えずに、だったら来てもらおう!と眼帯とガーゼとマスクで顔を覆いワークショップを行いました。
みんなとウォークマットを踏んでいたら途中、あれ??なんか様子が違う!
その後グリグリ棒でまんべんなく、力強く、奥深く!押しました。みなさんが帰ってから恐る恐る眼帯を外したら、目が半分自力で開けられたんです!あまりの急激な変化にビックリしたのと、やっぱり官足法!!という感動で、その夜も1時間かけて押し続けました。そしたら次の朝、普通に目が開くじゃないですか!!
目が開いたら『やっぱり見えない』という事実を突きつけられましたが、落ち込みませんでした。
『私には官足法がある』という強い自信と、治そう!という強い気持ちがあったから。
それから、毎日、時間があればウォークマットに乗り、グリグリ棒で押しました。4日目に何故か足指の目の反射区の所がボロボロと皮が剥け、不思議だなと思っていたら、1週間経った頃に、なんと視力が少し戻ってきたんです。眼科でも、すごい回復力だね!と驚かれました。角膜の再生はすごくゆっくりだそうで、『時間がかかることですよ。』と言われていたので、これはやっぱり官足法のおかげ!そして意味の分からないポジティブさのおかげ!とお風呂の中でもグリグリ棒、時間があればウォークマット。
肌の再生には脳下垂体!と官事務所の水溜所長にアドバイスしていただき、親指も念入りに押しました。おかげで痕が残っちゃうかもしれないねと言われた顔の右側もどんどん痕が薄くなってきています。

火傷から3週間くらい経ってから、官事務所での勉強会に参加させていただき、その時に視神経の反射区を教えていただいたので、それからお風呂に入り毎日押し続けた結果、3月現在まだ完全ではありませんが、生活に支障がないくらいまで視力は回復しています。

右目と左目の視力の差のせいで、酷い肩こりに悩まされましたが、それも改善されました。今まで官足法で膀胱炎や胃炎、息子のアトピーを治してきましたが、今回は私だけでなく、お医者様がビックリするような体験でした。

本来、身体は治す力を持っている。官足法はその力を最大限活かせるよう後押ししてくれるのではないか。そんな気がします。
今回のこの怪我で、見えていて当たり前だった事が実はとてもありがたい幸せなことなんだと気づかされました。今、家族の笑顔を毎日見れることが幸せに思え、今ある事全てに感謝しています。

官事務所より 2019年11月現在明戸さんは台風19号の水害に見舞われた生徒さんたちが一日も早く元の生活に戻れるよう活動されています。

子どもの皮膚炎がキレイに!        Y.N.(滋賀県)

ある夏、汗でむれた足が「痒い」から異変が始まりました。靴下や靴、食事法、保湿等外的にケア出来る事をしましたが痒みは強くなるばかり。市販の痒み止めを使用してもあまり変わらず。「もしかして水虫?」と皮膚科を受診するも、水虫ではないとのこと。夏が過ぎれば良くなるかな、ステロイドも入っていない軟膏処方なのでまだ安心と思っていましたが…なにせ子供は動くと汗が出る、汗が出ると痒みは収まらず…と良くなるどころか少し悪化。あまり薬には頼りたくないものの、ステロイドも上手く付き合えば改善できると信じていたので…皮膚科を再受診。予想通り、軽めのステロイド入りの軟膏が処方されました。少なくてもやっぱりステロイド。薄く塗っても症状が治まるので、子供も楽になることがよくわかり頻度が少ないにしても頼るようになっていました。でも、軟膏が無くなる頃にも根本改善は感じず季節が変わると落ち着くことを期待しましたが…落ち着くどころか、次は乾燥で痒みが酷くなってきました。

もうこれは方法を変えなければと、漢方薬を取り入れている皮膚科に切り替えました。漢方薬なので、苦い上にすぐに効果が出ないことも子供にとっては大変だったと思います。でも、漢方薬とワセリンで症状が安定したこともあり、子供は毎日頑張って漢方を飲むことと通院を続けていました。しかし、半年程たち、また夏の季節がくると…改善どころか、痒みを掻く力も強くなっていき、一気に悪化が進みました。足指の間はもちろん、足の甲、足裏も半分近くが乾燥したりひび割れたり、ジュクジュクし靴下をはく時も大変になってきました。靴下で皮膚がひっかからないよう軟膏を塗ったガーゼを張り付けてから靴下をはかせました。

このような状態なので、漢方薬処方の皮膚科でもステロイド入りの軟膏を処方されるようになってきました。これはよくないな…と思いつつ、症状が軽くなり子供が楽になっている姿を見るとどこか安心している私がいました。ですが、ある日見た子供の姿、足裏をきちんと着地させないよう痛みをかばって歩くその姿に、私は何をしているんだろうと。何か方法があるはずだと。その時にやっと、以前書店で見た本がきっかけで独学でしていた足もみを思い出し勉強し直しました。今、私が出来るのはこれしかない。お薬を止めることはとても勇気がいりましたが、ステロイド不使用軟膏やワセリンで保湿しつつ、苦くて辛い漢方薬も飲まなくて済むかもしれないから、一度違う方法をやってみようと子供にお願いしました。

それから、ようやく、ウォークマットにバスタオルを乗せての足もみがスタートします。嫌がらず踏んでもらうために子供に一つ提案をしました。「ウォークマットに乗っている間はスマホゲームをして良い」というものです。小学生だったその子には願ってもない提案で、毎日15~20分は必ず乗るようになりました。そしてなるべく毎晩子供の足もみをしました。足もみといっても、指先から土踏まず近くまで症状が出ているので、足もみ出来たのは「腎臓・輸尿管・膀胱」付近です。ウォークマットは早いうちに素足で乗れるようになり、官足法基本3点が押せていたのが幸いだったのか改善に向かいました!ですが、その前に…「こういうことか!」とお手本のように好転反応で、症状のジュクジュク度が増し本当に本当に酷くなりました。間違っていたのかとめげそうになりましたが、踏ん張り時だと親子で頑張り続けると嘘のように綺麗になっていく皮膚!

「普通に歩ける・靴下がはける・痒みがない」当たり前のことが出来ている、このことを家族中の誰よりも下の子が実感していたと思います。皮膚が綺麗になったあとも、少し痒みが出ることはありますが、「マットに乗れば・足もみすれば治る」と知っているのでもうひどくなることはありません。遠回りして辛い時間を過ごさせてしまったことを親としてとても反省していますが、官足法に出会えたことに本当に感謝しています。

追突事故の後遺症とリウマチの痛みが消えた!  N.Sさん(73歳 青森県)

軽自動車に乗っていた時に追突され、車がひっくり返りました。タイヤが8本あるユニック車の運転手の居眠り運転でした。30年前のことです。今生きているのが不思議なほどの事故でした。おそらくその時脚の付け根の真ん中を打撲したのでしょう。そこはいつもすごく痛かったのです。左腰は真黒く痣になり、そのせいでか左太ももの外側には触るとゴリゴリする塊ができていました。リンパマッサージにも随分通いましたが塊は取れず、お天気が崩れる二日くらい前になるとその左腰からお尻にかけて重だるくなっていたものでした。
二川目さん(官足法指導員)の美容室に通うようになり、教えてもらった官足法をやり始めて一年足らず。家でテレビを見ている時、お茶を飲むとき、お風呂に入る時、赤棒やB棒でついでに揉むようにしていたら、30年間苦しんできた脚の付け根の痛みが取れ、左太もも外側の塊が無くなり、左腰からお尻にかけての重だるさも無くなりました。最近ではウォークマットも最初の頃の頭の芯まで跳ね上がるような感じだったのが無くなり、乗れるようになってきました。
乳がんになり、その入院中にリウマチがわかったのは62歳の時のことです。去年の7月には急に熱が出て風邪薬も効かず、40℃近くまで熱が上がりました。首からお腹まで痛くて痛くて…。検査の結果リウマチの薬の副作用でリンパ球が増殖したのだと言われました。これはその薬を止めたらすぐに治りました。
事故の後遺症かリウマチの痛みか、左の内くるぶしが痛くて歩くのが苦痛だったのも官足法をやり始めて痛くなくなりました。左小指がどうしても開かなかったのが棒で揉んでいたら開くようになったこととも関係しているのだと思います。足は指から脚の付け根まで、二川目さんに教わったとおり全体を揉んでいます。痛みから解放されたことで毎日の生活が全然違います。
友達にも棒が欲しいと言われて上げました。指の関節が腫れて痛かったので棒でツンツンしていたら今はもう痛くないそうです。
これからも二川目さんに教えてもらいながら足をもんで、なるべく元気に過ごしたいと思います。

膝関節炎、高血圧など、加齢に伴う不調を克服

89歳の来訪。股関節に穴!本を頼りに乗り越えました

                    福島県 S.Kさん
2年前、歩いていると急に膝が痛くなって、それから動けなくなりました。この時は足の甲がパンパンに腫れていました。7つの病院で検査もしたけれど、水を抜いてもズッキンズッキンと痛いまま。お医者にも「温めてマッサージするしかない。」と言われ、温泉に行ったり、介護保険でマッサージを頼んだりするうち、ハッと思い出したのが、28年前娘婿がくれた官有謀先生の本『足の汚れが万病の原因だった』のことでした。その頃半月板損傷が足を揉んで良くなったので、他の本は処分してもこれだけは捨てる気になれず、ずっと持っていたのです。

この本のお陰で私は命拾いしました。というのは、膝だけでなく、朝起きたら血圧が240あったこともあったからです。一人暮らしですが、その朝は首がカチンコチンになって動けず、烏が窓辺でカァカァカァと三度鳴き、ああ、これで死ぬんだかぁ…と観念したまままた眠りについたものの、翌朝お腹が空いて目覚め、また足を揉みました。難しいことはわかんねぇだども、固い所があったら一所懸命もむ。すると痒くなり、おしっこが変わる。そうやって良くなっていく。それは間違いないです。

トマトジュースみたいな色のおしっこが出たことも3回あります。そん時は必ず下腹が痛くなる。がんか何かかな、助かんねぇと思ったけども、痛いところを揉めばいいんだと官先生の本に書いてあるんだからと、とにかく一所懸命揉んだ。今ではもう何もないです。

3年ほど前からお尻(股関節外側)にザラザラと固い瘡蓋のようなものが出来ていたのも、揉むようになってある時ポロっと取れた。周りは黒っぽいけれど、中の芯が取れたような感じ。自然に塞がって治りました。膝も良くなり、歩いて東京まで来れるまでになりました。努力しました。ひどい時は夜中泣きながらやったものです。「官先生、これやったら助けてくれんべぇかな」と。こんなこと、友達にも誰に言ってもわかんねぇ。自分でやるしかないから、本だけを頼りに、棒一本でやってきました。夜中に足のどっかが痛くなると明日ここをもめばいいんだな、と思うんです。何事もいい方に解釈することにしています。痛いのは身体が教えてくれているんだと。私が体験したことは全部この本に書いてある通りでした。だから一度来て官先生にお礼が言いたかった。

※官事務所を訪れた小柳さん、「来てよかった」と涙ぐみながら何度も官先生の遺影に手を合わせ、杖も無しに帰られる元気なお姿が印象的でした。

私の官足法奮闘記 錦織進(東京都)

**皮膚炎の根治、膝と踵の痛み軽減・正座もできる、
嚢腫の改善と完治、心臓のドキドキが改善**

左足脛(すね)の皮膚炎の根治 10年ぐらい前に道で自転車にぶつかり、左足脛に数センチ程ケガをし、暑くなるとその部分が皮膚炎になるので皮膚科で薬を処方してもらい塗っていました。おそらく毛細血管が死んでしまい血液循環が悪かったのだと思われます。官足法は脛もくまなく、深く、強くもみますので始めて数か月のうちに皮膚炎は消失してしまい、不思議でなりませんでした。それまでは泥沼に植えた菌が育ったと言う感じでしたが官足法により毛細血管が自然復活し、泥沼が耕されて良好な皮膚に戻ったと確信します。現在はケガの場所すら特定できなくなりました。
右膝と右足踵が痛い症状も30年以上前から続いていました。5年ぐらい前にかなり痛かったので、整形外科に行きロキソニン湿布薬を処方してもらいました。これを半年以上貼ってから更に症状が重くなり、膝が痛くて曲がりにくく正座ができなくなりました。また、数時間立っていると膝が痛くなり、立ち続けられませんでした。何か所かの整形外科に通院し、レントゲンやエコーを撮りましたが、治したいなら手術しかないとのことでした。踵は骨が変形しているので手術で削るとの診断でした。にわかに信じられず通院をやめて官足法だけにしました。足をもむにも右膝が曲がらないので大変でした。膝と踵を赤棒や「これいいわ」でよくもみました。官足法を始めて2年ぐらい経ったころには、痛いながらも正座ができるようになりました。膝と踵は以前と比べ、ぶよぶよ感がなくなりました。今も自分の脚を再彫刻するつもりで揉み、彫りの深い膝と踵を目指しています。

10年以上前から右側腎臓と腰椎の間に直径が十円玉ぐらいで凸レンズ状の嚢腫(グリグリ)があり、年々わずかに大きくなっていました。そのうちわずかに突っ張るようになり生活していても違和感がありました。官足法をはじめて最初の1年間は、そのままのサイズでしたが、突っ張る感じはなくなりました。2年目を過ぎたころからサイズがやや小さくなったように感じます。

口内の嚢腫はほぼ治りました。右頬の内側に10年以上前からいくつも嚢腫が発生しては潰れ、また発生して潰れての繰り返しでした。最初は総合病院の口腔外科に行き、嚢腫を切除していました。嚢腫が大きくなったら舌で押し潰せば潰れることがわかり病院には行かなくなりました。ところが官足法を始めて1年もしたら自然に無くなり、これまたびっくりです。今は嚢腫の袋の芯が少し残っているようで舌で触るとわかる程度です。

心臓がときおりドキドキする症状もかなり以前からでした。心電図を撮ると毎年何か言われていました。昨年から何も言われなくなりました。また、ドキドキ感もだいぶ減りほとんど気になりません。

手と足の水泡炎(菌がいないので原因特定でぎず、病名もわからずじまい)は17歳の時からの病です。最初、右手人差し指にポツンと1つ水疱ができ、かゆくてたまりませんでした。それから少しずつ増えてきたので病院に行き抗生物質を処方してもらい塗りました。きれいに治るのですが、すぐに再発し発生する水疱の数が増えてきました。人差し指がパンパンに腫れて、かつひび割れしてとても人間の指には見えなくなり電車で2時間乗り大学病院の皮膚科に通院しましたが、菌もいないし、病名もわからずじまいで1年たち、そのころには両手に広がっていました。私は大学進学のため東京に行くことになり、大学病院の皮膚科の先生から東京に行ったら大きな病院には行かず、街にある皮膚科専門医に行きなさいとアドバイスを頂きました。私は田舎から世田谷に出てきて、街の皮膚科を探し通院しました。症状はかなり好転し、人間の指に戻りましたが水疱は消えることなく発生します。官足法を始めて最初に困ったのは棒でもむときクリームをつけますが、その部分の水泡炎が悪化してしまうことでした。基本的にはクリームを使用しないもみかたをメインに足もみをしています。最近は以前よりクリームに対して水泡炎が発生しにくくなってきて、すでに手には水泡炎ができなくなりました。水泡炎が初めて発生してから早50年弱です。

気が付いてみれば今まで年間20万円以上かかっていた医療費も歯科医療費を除けばゼロ円になっていました。こんな素晴らしい健康法は他に私は知りません。そして、なにより私をここまで導いて下さいました官事務所と官事務所専任講師と官足法指導員の皆様に感謝いたします。

切れそうだった頸動脈が半年で元の太さに!

Yさん(東京都・女性47歳)
2017年7月、官事務所での講座に首の痛い例のモデルとしてお越しいただいたYさん、それから半年、主に頸椎や首の反射区をひたすらもんでいたところ12月の検査では見事に血管が回復していました。食事にも気を付けてはいましたが、あまりの急激な回復ぶりに医師からは「また戻るかもしれないから」と言われ、通院を続けているとのこと。久しぶりにひょっこり官事務所を訪れたYさん、「戻らないように足もみは続けています。」とのことでした。

スタッフより:2018年6月号の官足法ニュースに掲載したものですが、参考までにアップしました。

不整脈が完治・心臓の雑音も無くなった!

                                    官足法指導員 吉野孝子(埼玉県・62歳)
 不整脈があり、心臓の検査ではいつも雑音があった主人は日頃から偏頭痛が酷く薬をもらってきても一向に効かず、何度も吐いて寝込んでいました。具合が悪くなる時は決まって視野が狭くなり、何かチカチカ飛び始め吐き気がしてくるそうです。その時に私が主人の足を、特に硬い頸椎、首などの反射区を中心にもみます。15分もやると視界が広がり、もう大丈夫だなとわかるのだそうです。
主人は官足法を絶賛して、ウォークマットも踏み始めました。最初痛すぎると敷いていたバスタオルは1カ月で外し、今年は不整脈も心臓の雑音も無く過ごしています。

黄斑前膜 官足法で失明の危機を回避!

私の官足法奮闘記②

私の官足法奮闘記

官足法で人生が変わった!

体験談 山口紗智子さんのこと

膠原病治療の副作用を改善!免疫力アップで風邪知らず官足法の取り入れ方

自律神経失調症ーそしてメイラックス断薬による離脱症状からの回復

半身不随・失明の猫が、10日足らずで目が見え走っています!

18歳の足もみ日記

転倒後の回復、顔の歪みが元に戻り、失語が改善 親指の爪が生え変わり歯茎が丈夫に!

足もみで赤ちゃん元気!!

人生を楽しむために 生理痛・皮膚炎・乱視を克服